ご利用案内はこちら
心理臨床オフィスまつだ

不採用通知に心が折れる

不採用通知 就活

転職、アルバイトなどの面接で後日不採用通知をもらった際には、大きなショックを伴います。

まるで存在を否定されたかのような思いになる方もあるでしょう。

不採用通知は辛い

どんな形であれ、不採用通知を受け取るのは辛いものです。

例え、気まぐれや、勤めるつもりがなかった場合でさえもショックはあると思います。

不採用通知のショック

なぜこれほどまでにショックを受けるのか、それはそれぞれです。

幾つかの背景に触れました。

自尊心を傷つけられる

「評価」というのは傷を生みやすいものです。

他の人は採用されているのに、自分は採用されなかったという事実を深く考えだしたら非常に心が傷つきます。

それは今までの人生が否定されたかのような心地にまで至ることがあります。

あの部活に勤しんだことや、自分の性格、頑張り方、学んできた事、これらを否定されたように感じてしまうわけです。これは大きなショックに違いありません。

生活がかかっている

そんなことよりも、明日の生活が脅かされるというショックの方が大きい方もいることでしょう。

早く決めなければならない事情の人もあるものです。

ですが、それを抜きにしても不採用とはショックの大きいものだと思います。

立て続けに幾つも不採用である

ましてや、それらが連続すれば到底生身の体では耐えられないショックと化してしまうのではないでしょうか。

昨今何十社もとか100社以上などと聞くこともあります。

一つのアルバイト面接でさえそのショックは大きいのに、100社となればそれは天文学的数字です。

不採用結果に因縁をつける人もいるのだそうがよくわかる

中には、不採用結果にどうしても納得いかず、電話で意見申し上げる人もいるのだそうです。

確かに、どのような基準で合否を出しているのか不透明な事があります。

求職者
求職者
まさか店長のお気に入りの人だけを採用しているんじゃないですよね?

こんな決め方はいけませんが、医学部入試などは裏で操作されていた事実が明るみに出ました。

いわば、志願者側の要因ではなく、採用する側の考えによって合否が決められてしまっていたわけです。それなら採用されるはずがありません。ならば、いたらなかったと自分を責めてショックを受ける必要もないのです。

そうではないにしても、時に不採用通知は怒りを生むものです。

通知する際には、それなりの配慮が必要であると思いますが、定型文が普通となりました。

居留守を使う担当者まであらわれた

中には、「不採用の場合は連絡しない」などとしている組織も多数あります。数が多すぎるという理由のようですが、それほどいないだろうとお見受けする場所もあります。多いからと言ってそれでよいのかも疑問極まりありません。

人として大事なところを省略してしまって良いのでしょうか。

求職者
求職者
採用担当の方をお願いします。合否を知りたいのです。
A社
A社
お調べしますので少々お待ちください。・・・・・申し訳ございません。担当は本日不在にしておりました。
求職者
求職者
お忙しいところ、大変失礼しました。後日改めます。
  • その1週間後、再び同様の問い合わせをしても、やはり担当者は不在
求職者
求職者
これはまさか居留守!?これが東京のやり方なのか!まるでこちらが迷惑かけてるみたいな扱いじゃないか!

まとめ

昔から、そこに所属できるかどうかは試験にかかっていました。学校にしても、職場にしてもです。一度試験に合格すると扱いがあるで違うのですから不思議なものです。資格の有無ということにも同じことが言えます。

それが全てなどとは決して思いたくない所であります。

仕事関連のカウンセリング参考

仕事なんです

カウンセリングをご検討中の方へ、別サイトで仕事関連のカウンセリング参考コンテンツを作成しました。下記から移動できます。

就活
現代社会の心理的テーマ
タイトルとURLをコピーしました