ご利用案内はこちら
心理臨床オフィスまつだ

親子関係

親子関係について

近しい関係であるが故に生じる悩みという事もあるかと思います。

様々なテーマに触れてみました。

家族関係と言えば、夫婦関係から親子関係、兄弟関係があります。

近しい関係は、職場の人間関係や友人関係とも別な感じのする付き合いでもあります。

家族関係と言えば、夫婦関係から親子関係、兄弟関係があります。

近しい関係は、職場の人間関係や友人関係とも別な感じのする付き合いでもあります。

いつのことか、家族に自分の言葉が通じないと感じたことがあります。

一体これは何が起きているのかと不思議に思ったものです。

親子の関係は、葛藤を含んでいることも多いようですが、どのように捉えたかによってもだいぶ理解に違いが出るように思います。

普段とは別な視点から振り返って見るのも一つかと思います。

許せないと感じている方もあれば、申し訳なく思っている方もあることでしょう。

一方、親側も迷っている

両親側に視点を移してみると、またそこには迷いが存在するようです。

正しい子育てなんてあるのでしょうか。

親類の目はきつい

親子から派生して、親族類との関係がクローズアップされることもあるでしょう。

なにやら、実家に帰りたくない気持ちを持つときもあるものです。

親子関係

親族と顔を合わせることが気まずくなった時

母や親族と顔を合わせることが苦痛と感じる状況とは、どのような時なのでしょう。 家族は和気あいあいというようなイメージを持たれがちだと思いますが、逆に険悪な雰囲気であることもよくある話です。 親族と顔を合わせる冠婚葬祭などが気まずい 時に...
親子関係

ひきこもりのことでカウンセリングの予約を取りたいのですが・・・

ひきこもりのことでカウンセリングに伺いたいのですが、本人が希望していません。どのようにしたら宜しいですか? ひきこもりの相談について カウンセリングは、本人の意思によって開始するものと考えております。無理にお連れいただいてもカウンセリン...
親子関係

私を育てた母親に同席の場で、反省させるために説教してもらいたいのですが・・・

誰かのせいで私はこうなった、というお気持ちになられる方もあると思います。 その無念なお気持ちは、どこに向かわせて良いものか難しいものだと思います。 実は、カウンセリングにおいてはそのお気持ちを伺うことはできるのですが、関係者に説...
親子関係

どこか苦しい。母との関係性は段々変わっていくものなのか

大好きだったはずのお母さん・・・。そのな私のはずが、最近母と一緒の時間を苦しく感じるのはどういうことなのか。 何やら不思議な世界に迷い込んでしまったかのよう・・・ こんな経験をしている方も多いのではないでしょうか。 母との関係を年齢段...
親子関係

実家に帰るとなぜか疲れる・・・今回はやめておこうかな

実家を出て生活している学生や、社会人の方が、お盆や夏休みに帰省のタイミングが訪れても、時には帰りたくない。。と思う方もあるのではないでしょうか。 これには様々理由が考えられますが、帰省すると力を失うという方はないでしょうか。 考えただけで...
親子関係

結婚してからも、お互いの実家近くに住んでいる家族も多い

現代はすっかり核家族に移行したと言われていますが、少し思うところもあります。 核家族ではあっても結構近くに両親や兄弟が住んでいる まず、家族の形に拡大家族と核家族いう分類があり、前者は2世帯同居などの住み方、後者は1世帯での同居という大...
親子関係

娘の事が心配で大人になってもついつい毎日電話してしまうのは、干渉し過ぎなのかしら

よく、気にしすぎだよとか、考えすぎだよとか、などという言葉を我々は耳にするものです。 これは、受験勉強の場面で聞かれることもあれば、仕事上のことでもありそうなセリフです。 また、母と娘の間でもこのようなセリフは時に聞かれるのではないでしょう...
親子関係

母親との間で、子育ての意見が分かれたら口論になる

子育ては別項でも触れていますが、母との関係の中で、子育てへの考え方の違いがテーマに上ることがあると思います。 母親と子育てで口論になる 「私はこうしたいのだけれど、母は別なやり方をしたいらしいのでいつも口論になるんです・・・」、とこのよ...
親子関係

いつからか、母親はもう私の気持ちをわかってくれない

母と暮らしてきた家を離れたり、就職するとそれまでになかった経験も多くするものです。 例えば、大学で心理学を学んだ学生はそれまで考えもしなかった事柄や新しい発想、実験などに触れます。 そこに感動を覚える人もあれば、逆に失望する人も...
親子関係

近所の人や親類から、亡くなった母の代わりのように頼られてしまう

母との関係は、母が亡くなったからと言っても、全て終わりとはならないことがあるようです。 母と娘ですから、外見が似ているため、母親と間違われたり、似ているなどと何度も言われた経験を持つ人もいることでしょう。 これをうれしいと感じる...
タイトルとURLをコピーしました