ご利用案内はこちら
心理臨床オフィスまつだ

ある就職浪人生への差し入れ

差し入れの品 就活

Gさんは、大学卒業後、就職をせずにいました。

何度か採用面接を受けたりもしましたが、最終的には決まらず、ある段階で、浪人を決心していたのです。

就職浪人生への差し入れは何が良いか

実家にも戻らず、一人柏市に住み、資格取得のための勉強や、その他公務員試験の勉強などしながら毎日を過ごしていました。

このような生活では、生活費の捻出が困難で、実家からの仕送りも家賃以外は、ストップする話になっていました。多少のアルバイトで得た収入を食費などにあてていたのです。

勉強優先で困窮している

アルバイトばかりに時間を使う訳にもいかず、勉強や就職活動とのバランスをとることが難しいと感じていました。

また、先に就職した友人たちがうらやましくもあり、かと思えば、やはり自分は、もう少しじっくり考えたいとの思いもありました。ですが、世間からは、なぜ就職しなかったのかと言われているばかりに感じていました。

学生時代の友人から届いた段ボール箱の中身は・・・

奨学金の残りが底をついたころ、宅急便で段ボールが届きました。

大学時代の友人からです。

その友人は、地元のX県の実家に戻り、地元で就職を果たしました。
一体彼は何を送ってきたというのでしょう。

Gさんが段ボールを開けてみると、手紙とたくさんの野菜やらカップラーメンやら
の食料品が入っていました。

そして手紙には、短くこんな風に書かれていたのです。

「G君。元気ですか?僕は、実家から会社勤めしています。給料が毎月必ず入ってきます。実家だから、どんどんお金も溜まりそうです。この段ボールの中の物は、給料のほんの一部で買いました。もうお金もないだろうと思って気をつかったつもりです。早く就職が決まるといいですね。

追伸 牛乳は自分で買ってください」

Gさんは複雑ではありましたが、しかし、非常に助かったと感じています。友人の差し入れは的を得ており、保存できるものから生鮮品まで非常にバランスが良かったのです。

  • 野菜ジュース24本:野菜ジュースには名ばかりのものがあります。ですが、ここではまるでトマトジュースであるかのような、味の濃いものでした。それはつまり、1日分の野菜を補完するほどの濃度だったのです。しかも無添加で砂糖や食塩も使っていません。なんと、常温保存できるという、つまりは保存できる野菜と形容されるほどの代物だったのです。【参考サイト:カゴメ 野菜一日 これ一本 200ml×24本
  • ビタミン剤:幾ら野菜ジュースがあるといえども、ビタミンは不足してしまいがちです。
  • さつま芋:米将軍としても知られる、暴れん坊の徳川吉宗は飢饉に備え、芋の栽培に力を入れたのでした。つまりは芋将軍でもあったのだ。
  • じゃがいも:同じく、じゃがいもは長持ちし、米の代わりに食べられます。
  • 無洗米5㎏×2:無銭者に無洗米を送るとは酔狂な友人です。山口もえさんのCMを思い出して、冬場にあかぎれを起こさないよう考えてくれたのだそうです。
  • コーンフレーク20袋:朝方時間のない時でも、或いは小腹が空いたときにでも、牛乳さえあればかなりの栄養を摂取できるのだ。なぜか牛乳だけは自分で買うようにと指示があった。にわかにしんじがたいが牛乳も紙パック式であれば常温保存が可能らしい・・・。幾つか、フルーツグラノラも交じっていた。これは様々な栄養素が入っていて、不足しがちな何かを補うのに最善である。
  • のり、ふりかけ:海苔は毎日食べたいくらいです。
  • 即席みそ汁:これは顆粒状のフリーズドライでした。さすがに、100食分というわけにはいかないが、かなりの数であり当面は毎日一食は食べられそうだ。なぜ味噌汁はあんなにホッとするのだろう。
  • 魚肉ソーセージ:海の物を食え、たんぱく質を補え!と友人の優しい声が頭に響いた。そうだこれを忘れていた・・・。魚を食えと人はいうけれど、そう簡単な事ではないのだ。
  • リンゴ、みかん、梨:生きたものが食べたくなるものです。
  • カップラーメン類、ボンカレー:毎日はいけませんが、時には疲れ果てて動けない事があります。そんなとき、何も食べずにいないで済みます。
  • お茶、紅茶、インスタントコーヒー            などなど

本当に今の生活にぴったりのセレクトをしてくれていたのです。大学時代に交友を深めていたため、思いついてくれたのでしょう。野菜も日持ちのするものばかりで助かりました。

また、いつも買うことを躊躇して、水道水で済ませていたところへコーヒーなどあると潤いが出そうです。

考察:これらの支援物資から考えるに、まずは炭水化物類が「要」であろう。かつて、「ご飯さえ炊いておけばね・・・」と誰かが言っていたことを思い出す。実は米にはタンパク質も含まれており、一日三度の食事を米を食べれば自然と他の栄養素も接種出来ているのである。米を薬という人さえいたのである。だが、江戸の奇病としてしられる脚気には注意が必要であり、そのためビタミンを接種することを忘れてはならないのだ。友人のセレクトは、そこを実にうまくカバーしている。ビタミン剤も奥の手であるし、保存の利く野菜ジュースが大きな支えとなるだろう。これだけの基本的食材が揃っていれば、値引きされたから揚げなどを買うだけで夕食を作ることができるだろう。そのため、食費は極限まで抑制されるのだ

底にへばり付いた封筒

段ボールを漁ってみると、底の方に封筒が入っていることに気づきました。
いかにも不自然でした。段ボールの上の方に、手紙が入っていたのですから、

封筒があるなら、手紙と一緒にすれば良いはずです。

送っては行けないものを送ってきたのでしょうか。

Gさんは、まさかっ・・・!しかしボーナスはまだのはずでは・・・。
いやしかし・・・と期待して中身を見ます。

 

札束

 

中から出てきたのは、友人と卒業式に一緒にとった1枚の記念写真
でした。

さてさて、こんな調子でGさんは就職できるのでしょうか。

後日談

さて、友人と後日電話で話すと、もう一人別な友人とイトーヨーカ堂あたりに買い出しに行ってくれたのだそうです。段ボール箱人箱に収まる分くらいのものを詰め込み、ヤマトで送ってくれたのです。

確かに、ヨーカ堂であればたいていの食品は揃うでしょう。

タイトルとURLをコピーしました