母になるなら、流山市というキャッチコピーがある

空撮 子育ての悩み

柏のお隣では、流山市をPRする際に、「母になるなら、流山市」というキャッチコピーが使用されています。母になるなら、というところを前面に出している自治体が全国の他にあるものでしょうか。そして、猛烈に若い人の人口が増えていると聞きます。

母になるなら、流山市

非常に斬新な感じがするフレーズです。 他にも、流山おおたかの森を、都心から一番近いもりのまちと呼んだりしています。何か大々的な戦略でもあってのことなのでしょうか。 流山市の人口は増えているのですが、特に30代の流入が多いようです。

関連ページ:流山おおたかの森駅

流山の子育て環境

どのような点で、流山市は、子育てに向いている都市であると言っているのでしょうか。30代のお母さんが増えるという事は、それだけ子育てに対する受け皿の整備が求められるところではないでしょうか。例えば待機児童のこともありました。

もっと都内寄りになると、都会の中という感じになりますが、流山市は開放感のある土地です。水や空気もきっと違うのでしょう。このような伸び伸びした環境の中でお子さんを育てたいという気持ちもわかるような気がします。

送迎バスの完備

下記のような番組(※テレ東BIZ:少子化時代に喝!千葉・流山の人集め戦術)でも取り上げられていましたが、新しい子供の送迎システムが作られています。 

この映像を見ていると、近代都市のようです。流山もいろいろな顔を持っています。

参照サイト:流山市

送迎保育ステーションのご案内 

あくまで住む場所?

住み心地が良いという事の中には、都心へのアクセスが良いということが含まれているのでしょうか。常磐線とはまるで趣の異なるつくばエクスプレスが都内に伸びています。

あるいは、全てを流山市で完結できるほどの住み心地ということも考えられます。仕事は都内にあるとしても、休日は流山市の中で過ごして、都内へ出かけるのを忘れてしまうほどなのでしょうか。非常に注目されている自治体なのだと思います。

まとめ

子育ての土地を選びたいと思うのは誰しも思うところだと思います。

しかしながら、これまで移住してまで納得の行く土地が見つからなかったのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました